日常生活で怪我を避けたり、様々なスポーツを楽しむために「回転感覚」を発達させておくことが必要です。

「回転感覚」というと、鉄棒やマット運動で必要な力で、

日常生活にはあまり関係ないように思えるかもしれません。

でも、実は「回転感覚」は日常生活の中でも役立っています。

ふいに体勢を崩した時、体勢を立て直すためには筋力だけでなく

この感覚も必要になります。

 

そして、運動の場面でも体の動かし方の幅が広がり、

鉄棒で回った時などに怖さを感じることがなくなってきます。

自分の体を思い通りに動かすためにも、

幼児期に「回転感覚」を身に付けることを大切にしましょう。

 

 

回転感覚を養うあそび「じゃがいも迷路」をご紹介します。

マットを縦、横、縦、横とジグザグになるように配置します。

マットの端に仰向けに寝転び、膝を曲げて体操座りのような姿勢になったら、

両腕で足を抱え込むようにして体を小さくします。

この姿勢のままで横にごろごろ転がっていきます。

マットはジグザグになっているので、マットから落ちないように

先を見ながら体の動きをコントロールし、

上手に方向転換しながら進んでいきます。

 

回転感覚だけでなく、先を読む力や空間認知力、

身体コントロール力も上がる遊びです。

最初はまっすぐ進むだけでも難しいかもしれないので、

子ども達の段階に合わせて、アレンジして遊んでみてください。