体育指導よりも「運動あそび」「外遊び」が子どもの運動能力を育てます。

スキャモンの発達・発育曲線というものがありますが、

人の発達・発育のスピードは均一ではなく、

機能・部位によってそのペースが違う、ということを表したものです。

これによると、就学前の幼児期は「神経系」の発達が

急激に進む時期になります。

多種多様な動きを身に付けていくことが効果的なこの時期には、

体育指導のようなものではなく、自由な遊びが最も適しています。

 

私たちの運動あそびプログラムの「平均台でカニ歩き」をご紹介します。

2本の平均台を横に並べてくっつけておきます。

その上に横向きに乗り、両手は顔の横に上げてカニのハサミにします。

その姿勢を崩さないように、横向きでカニ歩きをしていきます。

 

足元が不安でついしたばかり見てしまいがちですが、

下を向く方がバランスを崩しやすくなります。

さらに、下を向いて背筋が曲がると腕も下がり、

視野も狭くなってしまいます。

顔は上げて数メートル先を見るようにしましょう。

 

このカニ歩きで意外に大事なのがカニのハサミです。

歩くのには関係なさそうに思えるのですが、

足ばかりに気を取られるような状況でも、手に意識を向け、

2つのことを同時に行なう「協応力」という力を育てます。

運動でも日常生活の場面でも、2つのことに意識を向けて行なうことは

意外とたくさんあることなので、遊びながら身に付けていけるように、

声掛けをしながら遊んでみてください。