「記憶力」は規則正しい生活リズムで高めることができます。

勉強、仕事、日常生活全てにおいて「記憶力」は重要です。

誰もが高めたいと思っている力の1つですが、

記憶力を高めるには規則正しい生活習慣、運動が欠かせません。

成長期の子ども達には特に大切なことなので、

早寝早起き・朝ごはん・適度な運動を習慣付けられるように導いていきましょう。

 

運動は、激しいものではなく軽い運動が効果的なので、

運動あそびは最もおすすめです。

私たちの運動あそびプログラムの「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

床に1本の縄をまっすぐに置いておきます。

子ども達は、四つんばいから膝とお尻を上げた片足クマの姿勢になり、

両手は肩幅で縄を挟むようにつきます。

手→足→手→足の順番に進んでいきますが、
まず手を前に出したら、足は1歩ずつ「右→左→右→左」と
左右交互になるように動かして進みます。

 

1本線をジグザグに進むことで、視覚で縄を捉える空間認知力や、
下半身の動きをコントロールする力、
左右交互に進むという記憶の操作力などが身につきます。

そして、左右に跳びながらバランスを崩さないように進む時

一番重要なポイントが足をつく位置です。
一番踏ん張りのきく位置に足を運ぶことと、
左右に倒れないように腹筋背筋に力を入れることが大切です。

 

最初に指導者が見本を見せると動きがイメージしやすくなるので、

上手な見本、へたな見本をわかりやすく見せてから

始めるのがおすすめです。