ボディイメージを育てることで考えなくても動かせる体になります。

小さい子どもや発達障がいを持つ人は、

自分の体のイメージ(位置や感覚)が持ちにくいので、

動きがぎこちない、よく物や人にぶつかるといったことがあります。

日常生活の中では、1つ1つの動作を目で確認しなくても、

しゃべりながら出かける身支度をしたり、

考え事をしながらでも階段を昇り降りするスキルが必要になります。

また、自分の体のイメージが持ちにくいことで怪我が増えたり

トラブルも起こりやすくなってしまいます。

 

自分の体を思い通りに動かしてコントロールするためには

ボディイメージが欠かせません。

ボディイメージを育てるには、子どもの頃に高いところに登ったり

狭い足場で遊んだり、様々な動きを体験していくことがとても重要です。

 

 

運動あそびプログラムの「跳び箱1周跳び」をご紹介します。

2段の高さの跳び箱を用意し、手をついてジャンプしながら

跳び箱の周りを時計周りに回っていきます。

手はパーに開いて跳び箱の奥側につくこと、

足はバラバラにならないように揃えたまま、お尻の高さまで上げること、

この2つを意識してジャンプしていきます。

 

一番大事なポイントは、足を高く上げることです。

足を高く上げると重心が前になり、腕にかかる負荷が増えます。

前のめりに倒れやすくなるので、顔を上げて数メートル前を見て、

腕で体重をしっかり支えられるようにしながら、

補助にもついて安全に遊べるように配慮しましょう。