運動あそびで発達障がい児に多い肥満を解消することにつながります。

発達障がいを持つ子ども達は、肥満の割合が多くなっています。

肥満になりやすい原因は、「生活習慣」「病気や遺伝」

「障がいによるこだわりや特性」など様々な要素が絡み合っています。

肥満は生活習慣病の原因にもなるので、

健康維持のためにも体を動かすことがとても重要です。

 

子どもが運動をするには「遊び」であることが一番のポイントなので、

継続的な運動あそびで体を動かす習慣をつけ、

心、体、脳を健康に育てていくことを大切にしましょう。

 

 

運動あそびプログラムの「足高かけっこ」をご紹介します。

かけっこで速く走るのではなく、太ももを高く上げて走ります。

1歩ずつ、足を高く上げることを意識するのがポイントです。

 

太ももを上げながら走ることで、

「足のあおり動作」が正しくできるようになります。

あおり動作とは、かかとからつま先に向かって体重移動をし、

地面をつま先で蹴りだす動作です。

 

この一連の動作が上達すると、土踏まずの形成が促されるので

体の基盤作りができてきます。

土踏まずが発達すると、バランスがとりやすくなるので

体がブレずにまっすぐ歩いたり走ったりできるようになります。

他にも、疲れにくくなったり転びにくくなるといったことにつながるので、

遊びの中でしっかりと育てていきたい力です。