3歳児の発達は「三つ子の魂百まで」と言われるほど、様々な力の原点がある大切な時期です。

3歳児は、色や形、大きさなどの識別がかなりできるようになり、

手先の器用さが増してハサミや折り紙で上手に遊べたり、

運動面でも走る、跳ぶ、投げるといった動作がとても上達する時期です。

言語、数、形、運動、リズム、絵画など様々な刺激を与え、

生活リズムを整えたり、社会性を身につけていくことも大切にしていきたいですね。

手先や体を動かすことは脳に良い刺激を与えることができるので、

体を動かす遊びを日々の生活にたくさん取り入れていきましょう。

 

 

運動あそびの「動物フープ渡り」をご紹介します。

複数のフープを、少し間隔を空けながら床に並べていきます。

このとき、直線だけでなく斜めに進むことができるようなコースにします。

コースができたら、子ども達は動物に変身してフープの中を渡っていきます。

初めは簡単なクマ歩きから初め、カエルやカンガルーなどの

いろいろな動物でもチャレンジしてみましょう。

 

フープの中に手足をついていくことで空間認知力が育ち、

身体コントロールも上手になってきます。

レベルアップは、フープの間隔を広げたり、ジグザグコースにしたり、

フープに当たると敵につかまってしまうとか、

フープは水に浮いている葉っぱだから、静かにジャンプしなければいけないなど、

いろいろな設定で楽しくレベルアップすることができます。

楽しくなってくるとスピードを競いたくなるので、

それを防ぐためにも難易度を調節することがおすすめです。