良い姿勢をするためには体幹を鍛えるだけではなく筋肉の使い方を覚えることが必要です。

今、体幹の弱い子ども達がとても多くなっています。

今の子ども達の遊びと、昔の子ども達の遊びを比べてみると、

やはり昔ながらの遊びは体幹を強くしてくれるものがたくさんありました。

一昔前の子ども達は、日々の遊びの中で自然と能力を高めていたのです。

 

良い姿勢を作るために腹筋や背筋を強くする、といっても

大人がやるような腹筋運動をやらせるのは効果的ではありません。

ただ筋トレをして筋肉をつけてもその使い方がわからなければ

うまく使うことができないだけでなく、何よりも継続していくことができません。

筋トレではなく遊びながら力を身に付けていくのであれば、

子ども達は筋トレをしている感覚ではなく、あくまでも遊んでいる感覚です。

これが遊びながら体を鍛えることのポイントです。

遊びが主体なら続けることができ、体で理解していくことができるのです。

 

 

運動あそびプログラムの「足開きソリ」をご紹介します。

子ども達は2人一組になり向かい合ったら、
1人は床に座って足を大きく横に開きます。

そしたら手をしっかりとつなぎ、引っ張る子はゆっくり引っ張っていきます。
引っ張る時は、足のかかとと親指の力をうまく使って後ろ向きに歩きます。

 

勢いよく引っ張ると手が離れて、お互いに怪我をしてしまう原因になるので、
ゆっくりと相手を意識しながら引っ張るようにします。
ソリの子は、体がふにゃふにゃしていたり足が曲がっていると

相手がうまく引っ張れないので、しっかり腹筋背筋に力を入れてバランスを取り、

足は伸ばして横に大きく開くようにします。

 

お互いに相手を意識しながら行なうことで、コミュニケーション力が育ちます。
交代しながら楽しく遊び、慣れてきたらソリの子が足を閉じて行なう
「足閉じソリ」にも挑戦していくと、さらに強い体幹を育てることができます。