幼児期は知識の詰め込みではなく、体を動かして遊び脳を活性化させることが脳を育てます。

子どもを持つ方は、自分の子どもを頭の良い子にしたいという思いが

少なからずある方が多いのではないかと思います。

そんな時、つい塾や習い事などで知識を詰め込もうとしてしまうことがありますが、

実は早くからたくさんの知識を詰め込もうとするよりも、

体を動かす機能を高めていくことの方が大切です。

運動能力が上がることで、連動して知能も上がっていきます。

子ども達は体を動かす「遊び」で運動能力や知能を高めていくので、

勉強ばかりではなく、遊ぶことにもたくさん時間を使ってほしいと思います。

 

 

運動あそびプログラムの「つま先歩き」をご紹介します。

縄やテープなどを使って30cm幅のコースを作り、

その中に複数の積み木やカプラを少し間隔を空けながら並べます。

子どもは、コースの中を積み木に当たらないようにつま先歩きで歩いていきます。

 

積み木に当たらないように歩くには、空間認知の力を使います。

どこに足を置いて進んでいけば良いかを素早く判断しながら歩きます。

そして、つま先立ちで歩くことでふくらはぎをしっかり刺激するので、

全身の血流が良くなります。

そして、歩く時や走る時、座る時にも必要なつま先の力を

しっかり育てていくことができます。

 

少しずつコースを変えてレベルアップしていったり、

難易度を上げるために、子どもの頭の上を新聞紙の刀でスイングさせて

低い姿勢で進むようにして遊ぶのもおすすめです。