子どもの運動神経を良くするには、1つのスポーツばかりではなく様々な動きを体験させることが大切です。

運動神経の良い子は、自分がイメージした通りに体を動かすことができます。

この力を育てるためには1つのスポーツを極めるのではなく、

幼児期から多種多様な体の動かし方を経験しておくことが最も大切です。

 

そしてさらに発達を促すためには「楽しさ」が欠かせません。

子どもが何かを継続してやっていくためには、

やはり楽しさと、それをやってみたいという好奇心が必要です。

子どもにとっての運動とは遊びそのものなので、

ぜひ楽しい「運動あそび」でたくさん体を動かしてほしいと思います。

 

 

運動あそびプログラムの「クモの巣反転ジャンプ」をご紹介します。

床に1本の横線を引き、その前に立ったら、両手は線の向こう側につきます。

そして合図があったら手は動かさずに、足だけジャンプして線を跳び越えます。

次にまた合図があったら、1回目のジャンプを巻き戻すように

足だけジャンプして元の位置に戻ります。

 

これを繰り返し行い、ジャンプの度に次のジャンプへの準備姿勢を

素早くとることができるように練習していきます。

そうすると、先を読んで動くことや体の動きをコントロールする力が

しっかりと身に付いてきて、跳び箱や側転の上達にもつながってきます。