子どもへの運動提供はレパートリーとバリエーションをうまく組み合わせていくのがポイントです。

子ども達により多くの運動を経験させ、運動神経に多様な刺激を与えていくためには、

運動の「レパートリー」と「バリエーション」が大切です。

まずは、跳ぶ、走る、投げるといった動きのレパートリー。

そして、その1つ1つの動きにいろいろな変化をつけることで

バリエーションを増やしていくことです。

このバリエーションが豊かになるほど、その動き自体が上達します。

走るのでも、ただまっすぐ走るのではなくジグザグに走る、

障害物をジャンプしながら走るなどのアレンジをして、

子ども達がいつも積極的にやりたくなるような工夫をすることが

継続的に運動をしていくために必要になります。

 

私たちの提供する運動あそびでも、例えば跳び箱を跳ぶために

たくさんの過程を踏み、いろいろな動き方を経験しながら習得していきます。

いつも、子ども達がワクワクできるような取り組みを考えることを大切にしています。

 

 

運動あそびプログラムの中から「色分けすずめポイントジャンプ」をご紹介します。

鉄棒を用意し、後ろ側には4色ほどのテープを間隔を空けて貼っておきます。

そして、鉄棒につかまって乗ったら肘を伸ばして、

腕の力と骨盤の辺りで身体を支えます。

足はそろえてまっすぐ伸ばし、顎は開いて前を見るようにします。

まずはこれで「すずめ」の姿勢になります。

次に、足を前後に大きく振って反動をつけ、タイミングを合わせて

「1,2,3」で後ろにジャンプして跳び下ります。

慣れてきたら、着地するテープの色を先に指定してから跳びます。

目標を決めて跳び下りることで、より後方への意識が強まり、

空間認知力を育てていくことができます。

 

反動を付けるとき、鉄棒から跳ぶとき、着地の時に怪我が起きやすいので、

補助者はしっかりと補助について安全に遊ぶようにしてください。