子どもは筋トレではなく、自由な遊びで身体の基礎を作っていきます。

身体を鍛えるとき、大人は特定のスポーツをしたり筋トレをしたりして

身体を強くしていきますが、子どもは違います。

あくまでも、遊びを行なう中で基礎筋力や体力、運動能力をつけていきます。

運動系の習い事をしているから大丈夫と思われている方もいますが、

特定のスポーツをしているだけでは、同じ部分だけを酷使することになり、

全身的な発達にはつながらないこともあります。

やはり、子ども達は遊びの中でジャンプしたり、投げたり、

くぐる、這うなどバリエーション豊かな動きをすることが一番効果的なのです。

 

ただ、なかなか自由に外遊びをすることも難しい時代なので、

室内で行なえる運動あそびがとてもおすすめです。

私たちの提供している運動あそびの「切り返しウシガエル」をご紹介します。

まず、「ウシガエル」の動きは足を開いてしゃがみ、

手をパーにして真ん中につき、手→足→手→足の順番でついて進む動きです。

そのとき、足をつく位置は手の横か手よりも前につくのがポイントです。

そうすることで、より腕の支持力を育てることができ、

跳び箱の跳び越しにもつなげていくことができます。

 

この「ウシガエル」でジグザグコースを進んでいきます。

コーンなどをジグザグになるように置き、

コーンのところで方向転換をしながらウシガエルで進みます。

方向転換は、手を中心にしてお尻を外側に振るようにすると上手にできます。

身体コントロール力が弱い場合は、この切り返しの動きが

ワンテンポ遅れてしまいますが、最初はそれでも良いです。

ゆっくりで良いので、正確に行なうことを大切にしていきます。

 

手をつく位置、手の向き、お尻の振り方などがわかりやすいように、

上手な見本を見せてから始めるようにしましょう。