逆上がりをマスターするのに必要なのは体の動かし方を理解できる練習方法です。

「逆上がり」ができるかできないかは、子ども達にとっては大きな問題です。

早くからできる子にはみんなからの憧れの眼差しが向けられ、

子どもにとってはやはり大きなステータスになっています。

そんな逆上がりができるようになるには、腕の力や腹筋などの

筋力は元より、体の動かし方を理解することも必要です。

 

逆上がりができない理由で最も多いのが

・跳躍時に顎が開くことで体が反ってしまう

・跳躍時に腕が伸びてしまう

という点です。

これを、子ども達にわかりやすく伝える工夫が大切です。

 

運動あそびの「逆上がりキック」をご紹介します。

まず鉄棒を握ったら、前の足は鉄棒よりも前に出します。

そして鉄棒上に目標物をかざし、目視してもらいます。

目標物から目をそらさないようにしながら足を蹴り上げ、

それをキックしながら補助つきで逆上がりをします。

 

目標物があることで体の操作がしやすくなり、

足を蹴り上げる正しい位置も体で覚えることができます。

目標物から目を離さないことをしっかり伝えて行い、

補助は子どもの背中と腰を支えて、腕の負担を減らしましょう。

あくまでも補助なので、子どもが全体重を預けることのないように、

全力を出してあと少し足りないところを助けてあげる程度にし、

力をつけていけるように意識した補助が大切です。