「リスク」は挑戦の要素です。子どもの挑戦を阻まないようにしましょう。

子ども達の遊ぶ環境を考えたとき、公園の遊具が危険だからと次から次へと

撤去されたり、空き地に囲いが作られたりして、

子どもが自由に遊んだり、自分の力で探ったり考えたりして遊ぶような

場所が無くなってしまっています。

もちろん安全は大事なことですが、危ないからと全て排除してしまうと、

子どもは何も挑戦することができず、自ら危険を予測したり回避するといった

能力も身につけていくことができません。

細心の注意は払いながら、見守るということが大切なことです。

 

 

運動あそびプログラムの「コウモリで積み木拾い」をご紹介します。

子どもは鉄棒に両手でつかまり、膝をかけて逆さまにぶらさがる

「コウモリ」に変身します。

膝の裏でしっかり鉄棒を挟むことができたら、両手を離します。

ぶらさがった頭の少し先の方に積み木をいくつか置いておき、

指示された積み木を拾って、その姿勢のまま指導者に手渡します。

逆さまの状態でもしっかり指示を聞き、どの積み木を拾うのか判断し

実行できるように繰り返し行なっていきましょう。

 

まずは逆さ感覚が備わっていること、そして腹筋背筋を使ってバランスを

取りながら積み木を拾って手渡すことが必要です。

うまく積み木が拾えない場合は腹筋背筋が弱いことがあるので、

普段から体幹を意識した取り組みを意識するようにしましょう。