幼児期は強い筋力やパワー系を養うのではなく、俊敏性や敏捷性を養うような遊びがおすすめです。

幼児期は神経系の発達が著しい時期なので、

体の様々な感覚を使った運動、あそびを提供することが大切です。

それによって日常生活でも必要な能力がしっかりと備わってきます。

バランス感覚や敏捷性、リズム感などを養う遊びを積極的に行ないましょう。

 

運動あそびプログラムの「跳び箱跳び移りジャンプ」をご紹介します。

1段、2段の低い高さの跳び箱、丸めたマットなどを複数用意し、

少し間隔を空けながら並べておきます。

そして、その上をジャンプしながら渡っていきます。

惰性で進むのではなく、1回1回確実に跳ぶ→止まることを意識します。

 

最初は狭い間隔から始めて、少しづつ間隔を広げていくと、

空間認知力もしっかり育てていくことができます。

高さでのレベルアップは危険なので、あまりおすすめしません。

敏捷性や俊敏性を養うことを意識して提供することが大切です。

 

もし高さに慣れていなくて怖い子がいたら、隣で手をつないで補助をし、

無理なく挑戦していけるように配慮してください。