悪い姿勢はデメリットしかありません。良い姿勢を維持する力と習慣を子どものうちにつけましょう。

子どもの骨はとてもやわらかいので、悪い姿勢を続けていると

背骨が曲がってしまうことがあります。

それだけではなく、姿勢の悪さは肥満や精神不安定、不眠などにもつながります。

子どものうちから、良い姿勢で食事をしたり机に向かったりすることを

しっかりと習慣付けると共に、良い姿勢を作るのに必要な筋力も養っておきましょう。

 

運動あそびプログラムの「足で積み木積み」をご紹介します。

床に体操座りのようにして座り、手は後ろについておきます。

足の前には大きめの積み木を用意しておき、

足だけで積み木を積んでいきます。

両足の先の辺りで積み木を挟むようにして持ち上げ、積んでいくようにします。

座った状態で足だけ上げるので、良い姿勢作りに必要な腹筋や

太ももの筋力が刺激され育ちます。

積み木を挟むときには足の内側の筋力も使うことができるので、

椅子に座ったときに足を閉じておく筋肉も育てることができます。

 

1人で上手に積めるようになってきたら、2人ペアを作り

交互に積んでいくことにも挑戦してみましょう。

2人で行なうことで相手を待つことや、つみ方の工夫をしたり、

協力して高く積むことなどを考えながら遊ぶことができます。

ペアごとで競争したり、色や数を指定して積んでみたり、

いろいろな遊び方で頭を使いながら、遊んでいきましょう。