運動あそびでは、運動能力だけでなく様々な力の発達を促すことができます。

運動あそびの「スキップで記憶遊び」では、鉄棒、跳び箱、三角コーンなど

いろいろな道具で作ったコースを、スキップで移動しながら

指示された順番に回ってくる遊びです。

 

 

例えば「鉄棒で豚の丸焼きになって、三角コーンをジグザグに走りぬけたら、

平均台の上の積み木にタッチして戻ってきてください。」などの指示を出し、

子どもはその指示された順番をコースを頭の中でイメージしながら記憶し、

実際に実行していきます。

コースは、全身をよく使うことができるように作り、

 

安全面もしっかり確認しておきましょう。

 

また、2回目はコースを子ども達の意見を取り入れて作るのもおすすめです。

子ども達だけの話し合いの時間を取り、1人1人が自分の意見を言ったり、

相手の意見を受け入れたりすることを経験できるようにしましょう。

自分達で考えたものは、より積極的に取り組むことができ、

ルールをきちんと守ろうとします。

 

このように、運動だけでなくいろいろな力を養うことができるように

指導することを、私たちは大切にしています。