子どもの成長はかなり個人差があるので、極端に遅い場合以外はいたずらに焦る必要はありません。

1人1人の子どもの心と体の成長のスピードには、個人差があります。

離乳の時期、歩き初めや話し始めの時期などあらゆることで

かなりの個人差が認められます。

親はつい周りの子と比べてしまったり、早く早くと考えてしまいがちですが、

必ずしも人より早くできるようになることが良いとは限りません。

もちろん極端に遅いと感じる場合は別ですが、

その子なりのペースでできるようになれば何も問題ありません。

焦らずに見守っていくことも大切です。

 

 

運動あそびプログラムの「おつかいカンガルー」をご紹介します。

カンガルー跳びは足を閉じたままジャンプしていく動きで、

主に跳躍力を育てていく遊びです。

このカンガルーのポイントは、「足を閉じること」です。

足を閉じてジャンプをすることで、縄跳びでの連続したジャンプができ、

足や腹筋背筋にしっかり力を入れられるので、筋力も育てることができます。

ただ、子ども達に「足を閉じてジャンプしてね。」と言うだけでは

なかなか最後まで意識し続けることが難しいので、

足の間に「魔法ののり」を塗ってくっつける動作をしたり、

この「おつかいカンガルー」で意識付けをして遊びます。

 

やり方は、カンガルーの膝の間に紙を挟みます。

「カンガルーの郵便屋さんになって、お手紙を運んでね!」と伝え

紙を落とさないように挟んで跳んでいきます。

紙だと薄くて難しい場合は、タオルやハンカチでも良いです。

いろいろな設定で、楽しく遊んでいきましょう。