幼児期はいろいろな形の「ごっこ遊び」を通して社会性を身につけていきます。

子ども達の遊びは、年齢と共に変化していきます。

保育園・幼稚園の年少児、4歳頃になると「ごっこ遊び」が盛んになります。

最初はおままごとや電車ごっこなどの単純な遊びですが、

年齢を追っていき年長児、5歳や6歳になるとルールや仕組みを設けたり、

役割分担をして遊べるようになってきます。

こうした遊びを通して、子ども達は社会性を身につけていきます。

年長児では、ルールのある集団遊びを積極的に行い、

就学前にしっかりと社会性、コミュニケーション力を育てることが大切です。

 

集団遊びとしておすすめなのが「鬼ごっこ」です。

ただ、普通の鬼ごっこでは衝突事故が起きたり、運動量に差が出てしまいます。

運動プログラムではいろいろなアレンジをした鬼ごっこがあり、

怪我が起きにくく頭を使うような遊びがたくさんあります。

 

その中から「線上鬼ごっこ」をご紹介します。

長い縄をくねくねさせながらつなげ、途中にはわき道や障害物も作ります。

そして、その縄の上だけで鬼ごっこをします。

縄から落ちないようにバランスをとりながら、

鬼の位置や進行方向を考えて臨機応変に動きます。

周りを見ながら動くことや、相手の動きや表情を読むことで

たくさんの力を刺激し育てることができます。

コースもアレンジ自在なので、子ども達と一緒に考えて作ったり、

ルールを追加したりしながら遊んでみるととても楽しめます。