逆上がりでは複数の動きを一度に行なうので、段階を追った練習が重要です。

逆上がりの動きのポイントは「腕を曲げて体を引きつける」ことと

「足を上に蹴り上げる」という2つです。

腕の力が抜けて伸びてしまっていれば、足をいくら蹴り上げても回れません。

反対に腕で体を引きつけられていても、足が上に上がらなければできません。

これらの2つのことを同時に行なうことがポイントです。

 

子どもは特に、2つのことを同時に行なうことが難しいので、

コツをつかめるような練習方法が必要です。

柳澤プログラムでは、鉄棒に腕を曲げてぶらさがる「さる」の動きを

応用した遊びなど様々な遊び方で、段階を踏んで逆上がりの練習をしていきますが、

「前回りからの逆上がり」という遊びもとてもおすすめです。

 

通常のように前回りをしたら、足を下につけずに上に上げていき、

そのまま逆上がりをします。

最初は1人ではなかなかできないので、逆上がりに移行する時に

お尻や背中を支えて補助をしてあげます。

この動きを繰り返していくことで足をどの位置に上げれば

逆上がりができるのかが理解でき、

腕に力を入れて曲げた状態で足を蹴り上げるということもできるようになります。

 

補助をした時に、全体重を補助者に預けてしまう子には、

1つ前の段階の遊びに戻ってみたりしながら、

少しずつステップアップして逆上がり達成を目指しましょう。