運動あそびでは、全ての子に自信をつけさせてあげることができます。

子ども達にとって、跳び箱が跳べる、逆上がりができる、側転ができるなど、

運動ができるということは大きなステータスになります。

クラスで1人だけできるという子は、みんなの憧れの存在になります。

走るのが得意な子、力が強い子、力は弱くても器用に動ける子、

いろいろなタイプの子がいます。

運動が苦手な子は劣等感を抱きやすくなるので、

苦手な子でも活躍できる場面を作り、自信をなくさないようにすることが大切です。

 

側転の練習になる運動あそび「クモの巣渡り」をご紹介します。

3つの椅子の足にゴム紐をくくりつけて、大きな三角形のクモの巣を作ります。

椅子のすぐ後ろの部分は×になるように交差させ、

その×の上がジャンプする位置ということをしっかり伝えます。

そして、大きな三角形の中に両手をついたら、顔は前に向けて

両足で一緒に横向きにジャンプしてクモの巣に当たらないように跳び越えます。

ジャンプした時に空中で体をひねって、クモの巣の外側に

着地ができるようにしましょう。

 

側転の練習の中でも最終段階の遊びになるので、

少しずつ手を上から振り下ろすようにしていったり、

足を伸ばすことなど、細かい部分も身につけていけるように

1人1人の段階に合わせて練習をしていきましょう。