普段行なわない動きをすることで体のバランスが良くなり、高い運動効果を得ることができます。

子ども達の体を動かす機会は、生活様式や環境の変化と共に減少し、

日常生活で必要な基礎的な力さえも身についていない子が多くなっています。

それは姿勢の悪さや転びやすさ、集中力の低下やキレやすさなどにもつながり、

とても深刻な問題となっています。

子ども達の健康な心と体を育んでいくために、

私たちは全国各地の保育園や幼稚園、小学校などでも

楽しい「運動あそび」を提供し、確実に効果を上げています。

 

その運動あそびプログラムの中から「後ろ向きクマで宝取り」をご紹介します。

まず、床に複数の色のカップをばらまいておきます。

子どもはスタートラインで後ろ向きのクマさんの姿勢になり、

スタートの合図で後ろ向きにクマ歩きをしていきます。

そして自分の好きな色のカップを1つ拾ったら立ち上がり、

ゴール地点にある宝箱の中に入れます。

 

クマ歩きを後ろ向きで行なうことで、普段しない動きをするので

いつもあまり使わない部分の筋肉を刺激することができ、

バランスをとる体幹の力も強く育ちます。

そしてカップを拾ったら立ち上がって宝箱に入れる、ということも

最後まで覚えていながら行なう必要があります。

頭をしっかり使いながら遊ぶことが、子ども達の能力を強く引き出します。