子どもの意欲や気力を育て、コミュニケーション能力を構築していくのは「遊び」です。

子どもにとって「遊び」とは生きることそのもので、

「最高の学びの場」でもあります。

遊ぶということが子どもの心や体、脳を育て健全な発達を促してくれます。

しかし、最近は遊びの質も量も低下し、その「学びの場」が減っています。

子ども達の怪我や病気に負けない健康な体作りと、

意欲や気力、コミュニケーション能力を育てるためにも

運動あそびを通して子ども達の育ちを支援していきたいと思います。

 

運動あそびの「りんご逆上がり」をご紹介していきます。

まず、逆上がりではよく勢いをつけたやり方で指導することがありますが、

最初からその方法でやってしまうと、

もし勢いだけでできたとしても、子どもは自分の体がどうなっているのか

まったくわからない状態でやっていることになります。

それは成功率を下げることにつながるので、

だんだんおもしろくなくなり、遠ざかってしまいます。

そこで、「りんご逆上がり」で懸垂のような逆上がりをすることが

1つ1つの動きや力の入れる場所の理解につながり、

確実な習得を目指すことになっていきます。

 

まず、鉄棒に肘を曲げてぶら下がり、膝を曲げて持ち上げ、

体を小さく丸めた「りんご」になります。

ここから、そのまま足を上に持ちあげていき逆上がりをします。

しっかり動きが理解できて、力が備わっていれば保育園や幼稚園の

年長児でも簡単にできます。

日々の遊びの積み重ねで、確実に力をつけることが大切です。