「静」と「動」を組み合わせた活動が子ども達に良い効果を与え、学習効率が上がります。

「集中力」は、子どもにとっても大人にとっても身につけたい重要な力ですね。

何かをする時に集中力は欠かせません。

勉強をする時に集中できていなければ、何時間机に向かっても

中身の薄い効率の悪い時間になってしまいます。

短時間でも集中していれば、しっかりと効率を上げて勉強することができます。

日常の中でも怪我や事故を防ぐことにつながり、

家事や仕事の効率を上げ、生産性を高めてくれます。

この集中力を高めた状態を作るためのポイントが

「静」と「動」の組み合わせです。

10~15分の軽い運動を行なった後に課題をやるようにすると、

集中力や記憶力が高まります。

日常的に運動を取り入れ、上手に学習を組み合わせていくことが大切です。

 

運動あそびの「わにでグルグルタッチ」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、向かい合ってうつ伏せのわにになります。

胸まで床につけて、手は顔の横に出しておきます。

そして、2人でタイミングを合わせて手だけを動かし、

お腹を軸にして時計回りに回転します。

1周して最初の位置に戻ったら、片手を出して2人でタッチします。

2周目は反対周りで同じようにやってみましょう。

 

社会性やコミュニケーション力を育てることができ、

空間認知なども養うことができます。

他の友達とぶつからないように広い場所で行いましょう。