逆上がりの習得には、段階を追った運動あそびで必要な力を確実に育てていきましょう。

「逆上がり」は子どもの頃に誰もが一度は挑戦したことのある遊びだと思います。

これができるかできないかは、子どもにとっては大きな問題です。

周りの友達よりも早くできるようになりたくて、

毎日一生懸命練習する子ども達がたくさんいます。

 

ただ、必要な力や感覚が十分に育っていないのにがむしゃらに

やろうとしてもなかなかうまくいきません。

逆上がりでは腕の懸垂力や腹筋背筋、足を蹴り上げる力などの他にも

逆さ感覚や後方回転感覚などたくさんの力が必要になります。

一度に身につけられるものではないので、

段階を追って身につけていき、失敗経験を減らしながらできるようにします。

 

運動あそび「ぶら下がりジャンプ」をご紹介します。

まず鉄棒の前後に直径30cmほどのフープを置きます。

そして手前にフープの中に入ったら鉄棒につかまってぶら下がります。

そのまま何度か体を前後に大きく揺らしたら、

前方のフープの中に着地してポーズを決めます。

 

体を前後に振る動きで腹筋や足を上げる筋力が育つので、

たくさん振ることができるように挑戦して遊びましょう。