1つの大きな成功体験よりも、小さくてもたくさんの成功体験を感じられる活動が子どもにとって大切です。

私たちが子どもに運動指導をする時一番大切にしていることは、

子どもが楽しいと感じて活動できることです。

なので、技術の習得を目的にはしていません。

技術習得を目的にすると、どうしても「やらされている活動」になりがちです。

やらされてできるようになっても、子どもの中には良い記憶として残りません。

技術を身に付けることよりもその過程を大事にし、

小さなステップアップで成功体験を増やして自信をつけながら、

その自信を今後の人生の糧として成長してほしいと思います。

 

運動あそびの「積み木拾い」をご紹介していきます。

この遊びでは子ども達のイメージ力や、色、数、形の認識を高めます。

まず床にはたくさんの積み木をばらまいておき、

子ども達には指導者が指示した積み木を拾ってきてもらいます。

指示は「積み木を3つ拾ってきてください」(数の認識)

「緑と赤の積み木を2つづつ拾ってきてください」(色の認識)

「四角い積み木を1つと丸い積み木を2つ拾ってきてください。」(形の認識)

といった出し方で指示していきます。

 

他にもいろいろな視点からの指示で、子ども達がわくわくしてできるような

楽しい活動になるように遊んでみてください。