跳躍力を育てるために、小さい頃から段階を追ったジャンプ遊びで力をつけていきましょう。

縄跳びをするためには「跳躍力」が必要です。

この跳躍力をしっかり育てるためのポイントは、

足を閉じた状態でジャンプすること、腕の振りをうまく使うことです。

この力を養っていくために小さい頃からのジャンプ遊びが大切です。

初めは、少し高いところから跳び降りる遊びをし、

段階を追って高いところへ跳び乗るような動きも入れていきましょう。

 

今日は、足を閉じて腕振りの力を使うジャンプの上達を目指す、

運動あそびの「連続ウルトラマンジャンプ」をご紹介します。

遊び方は、滑らないようにしたマットを複数枚床に並べ、

マットからマットへジャンプして移動していくというものです。

このとき、マットとマットの間を空けておくことが空間認知力を育てるので、

数10cm離して並べるようにします。

跳び移る時はできるだけ大きなジャンプができるように、

足を閉じて膝を曲げて、腕を振りながら思いっきり跳びましょう。

 

慣れてきたらマットの間隔をさらに広げたり、

マットの代わりにフラフープを使って行なうことで、

少しずつレベルアップして遊んでいくことができます。