短縄跳びの練習には、ひっかからずにできるタオル回し遊びがおすすめです。

短縄跳びでは、腕を回すこと、その場でのジャンプが連続でできること、

ジャンプと腕回しのタイミングを合わせられることなど、

一度に複数のことができなければうまく行なうことができません。

腕を回す練習、その場でジャンプをする練習、

腕回しとジャンプのリズムを合わせる練習というように分けて

1つずつ習得していくのが良い方法です。

その時、最初から縄を使って練習するとすぐにひっかかってしまって

練習が進まず、子どももおもしろくなくなってしまうので、

縄の代わりにタオルを使うようにします。

 

腕回しとジャンプのタイミングを合わせる運動あそび

「ジグザグタオル回しジャンプ」をご紹介します。

床にフラフープをジグザグになるように置いておきます。

両手にタオルを1本ずつ持ち、タオルを回しながら

フープの中をジグザグにジャンプして進んでいきます。

フープの中に狙いを定めてジャンプすると

足がバラバラになりがちなので、しっかり足を閉じてジャンプが

できるように途中でも声掛けをしながら行います。

 

この遊びで、徐々に腕回しとジャンプのタイミングが合うようになり

短縄跳びの上達を促していくことができます。