1歳半から2歳ごろにはジャンプ遊びを始めましょう。

子どもは1歳半から2歳ごろになるとジャンプ遊びを始めるようになります。

初めは10cmほどの高さから、まずは跳び下りる遊びをしてみましょう。

そのとき、両足がバラバラにならずに閉じてできるかを見てください。

足を閉じて跳び下りることができる子は、足腰が強く

腹筋背筋も育っている子です。

足がバラバラになっている子は脚力や腹筋背筋が弱いことが考えられるので、

腹筋背筋をしっかり養えるような遊びを提供していきましょう。

 

運動あそびの「方向ジャンプ」をご紹介します。

指導者が前後左右の指示を出すので、その指示通りにジャンプします。

最初は「前、後ろ、前、後ろ」と2つの方向で順序良く行い、

徐々に「後ろ、前、前、後ろ」「前、右、後ろ、左」など

複雑な指示にすることでレベルアップして遊んでいきます。

 

子ども達の聞く力や判断力も養っていくことができるので、

楽しく遊べるように工夫しながら遊んでいきましょう。