運動は、1つの動作ができるようになると他の様々なスポーツにつながってきます。

体を動かす機会が減った子ども達は、昔の子どもなら誰もができたような

動きも行なうことができなくなってきています。

ボールを投げるということも苦手な子がたくさんいます。

実は、ボールを投げるという動作は、

ボールをつかみ、脇を上げて大きく振りかぶり、

体重移動をしながらタイミングを計ってボールを離す。

といういくつかの動きが複合したものなので、

小さいうちから経験して身につけていくことが大切です。

そして、ボール投げができるようになると、

それがバレーボールやバドミントン、テニスなどの上達にもつながります。

 

ボール遊びはある程度の広さがある安全な場所が必要になるので

なかなか難しいことがあります。

室内でできる安全で効果的な遊びをご紹介します。

まず、ボールは小さいビニール袋に丸めた新聞紙を入れて、

テープで留めて作ったものを使用します。

このボールだとつかみやすいので、振りかぶった時に落ちません。

そして、遠くまで転がることもなく人に当たってしまっても

そんなに痛くないので安心です。

 

このボールを、まずは下に向かって投げてみます。

次は上に向かって投げてみましょう。

徐々に遠くまで飛ばせるように遊んでいくと、とても楽しめます。