脳は使えば使うほど発達し、使わなければ劣化していきます。毎日しっかり刺激を与えましょう。

脳は筋肉のように使えば使うほど発達していきますが、

使わなければどんどん機能は低下してしまいます。

ただ、筋肉よりも変化しやすいので、毎日少しの時間でも意識して、

継続して使っていくことで発達を促しましょう。

運動あそびでは、頭を使って考えながら動けるようになっているので、

脳と体を同時に鍛えていくことができます。

 

運動あそびプログラムの「コウモリでなぞなぞゲーム」をご紹介します。

鉄棒に逆さまにぶらさがったコウモリの状態で、

指導者の出すなぞなぞや質問に答えて遊びます。

好きな食べ物や色、今日の朝ごはんを聞いたり、

簡単ななぞなぞや〇×クイズなど、いろいろな物に挑戦しましょう。

ただ、あまり長くぶらさがっていると落下の危険があるので、

必ず片腕を握る補助をし、難しすぎないレベルで遊びます。

2~3つのなぞなぞに答えられれば十分です。

 

子どもが逆さまの状態に慣れているかどうかを見ることもできるので、

体が硬直せずに冷静にぶらさがっているかどうかも見ながら

無理なく遊べるようにしていきましょう。