日常生活では行なわない動きを運動あそびで経験し、体の操作能力を高めましょう。

今の子ども達は、体をたくさん動かして遊ぶことが少なくなっているので、

日常生活で行なうことのない動きは、やはり苦手になっています。

手をつく、ジャンプをする、高いところに登るなどのことも

苦手な子が多いので、幼児期から積極的に経験させていくことが必要です。

そして、反復横跳びのような横移動も、小学生になってもできない子が多くいます。

反復横跳びは学校の体力テストにもある項目です。

小学校に入って始めてその動きを行なうのでは遅いので、

小さいうちからカニさんなどの動きで横に進むことを覚えていきましょう。

 

運動あそびプログラム「横ジャンプ移動」をご紹介します。

体を横向きにし、ステップを踏むように横向きのジャンプで進みます。

顔は横を向かないように、前に向けたままで行ないます。

進路が曲がらずまっすぐ進めるように声掛けしていき、

どうしても曲がってしまう場合は床にテープで線を作り、

その上を進むようにして行ないます。

 

また、足がからんだりしてスムーズにできない場合は、

ジャンプをせずにカニさん歩きから始めていきましょう。