自分の体の動かし方を知らない子ども達。運動あそびで確実に力をつけていくことができます。

現代の子ども達には、うまく走れない子やスキップができない子など、

自分の体を思い通りに動かせない子が多く見られます。

体の動かしたを身に付けるのは幼児期なので、

小さいうちからたくさん体を動かし、運動を好きになっておくことで

運動の上達や自信につながっていきます。

 

運動あそびは保育園や幼稚園の未満児さんでもできるようになっているので、

日々の活動に積極的に取り入れて、力を育てていきたいと思います。

 

運動あそびの「忍者開脚跳び」をご紹介します。

跳び箱を跳び越す動きですが、助走をつけずに行ないます。

まず跳び箱の前に立ち、足を閉じて両手は跳び箱の前方中央につきます。

そしたら膝を曲げてパワーをためて「1,2,3」で跳び越します。

 

この時の足の動きは、閉じる→開く→閉じるです。

これがうまくできない子は体の操作能力がまだ不十分なことが多いので、

動きを分解して練習していきます。

まずは足を閉じた状態から、跳ぶと同時に開くところまでを

ロイター板を使って繰り返し行なってみます。

時には補助の力で跳び越すところまでの動きも入れながら、

子どもが飽きずに楽しみながらできるように練習していきましょう。