ぶら下がり遊びは早ければ1歳頃から始めることができるので、早い段階で取り入れることが大切です。

鉄棒でぶら下がるための腕の懸垂力は、体が大きくなってから始めると

負荷が大きいので辛くて嫌になってしまいます。

ぶら下がり遊びは、自分で腕に力を入れて行なうことができるようになれば

1歳や2歳頃から取り入れることができるので、

保育園の未満児さんの遊びにもとてもおすすめです。

ただ、子どもが補助者に完全に体を預けてしまって

力を入れていない状態では怪我のリスクが高まるので、

そこはしっかりと見極めて提供することが重要になります。

 

最初は鉄棒を使わなくても、タオルやフープで十分です。

タオルなら細長くして両端を大人が持ち、

輪の部分を子どもが持ったら上に引っ張りあげてみます。

上げ下げを繰り返して楽しく遊びましょう。

他にも、子どもがうつ伏せや体操座りになった状態で

タオルやフープを握らせ、大人が反対側を持って引っ張ってあげる遊びも

子ども達はとても楽しんで遊ぶことができ、

腕を引き付ける筋力や体幹の力を育てることができます。

家庭でできる親子遊びとしてもおすすめの遊びです。