運動あそびでは、技術習得よりもできるまでの過程を一番大事にしています。

私たちが提供している運動あそびは、技術習得が目的ではありません。

全ての子ども達に運動を好きになってもらうために、

楽しく体を動かすことをとても大切にしています。

他と比べたり、無理矢理やらせる必要は全くありません。

 

今の子ども達の現状をまずは見極め、その段階に合った動きを提供します。

そして、子ども達が今できることよりも少しだけ上の段階を目指すことで

「できるかもしれない」「できそう」「やってみたい」から、

「やってみたらできた」「やればできるんだ」という

達成感や自信につなげていきます。

さらにそこから「もっとやってみたい」「もっと上手になりたい」

という気持ちにつなげることができ、

結果的に技術習得につながるというのが私たちの運動あそびです。

段階を追った動きで子ども達のやる気を引き出していきましょう。

 

運動あそびの「両手つき片足クマ」をご紹介します。

片足クマは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマ歩きから、

片方の足を上に上げて歩く動きです。

基本の片足クマは手を片方ずつバラバラについていきますが、

慣れてきて腕の支持力がついてきたら、

両手を同時につく片足クマを導入していきます。

手→足→手→足の順番につきながらしっかり前を向いて進みます。

 

この動きは跳び箱や側転の動きにつながってくるので、

腕の支持力を高めて感覚を身につけるためにも、

子ども達の段階を見ながら取り入れていってほしい遊びです。