3歳児では、「体を支える腕の力」をしっかりと養っていくことが必要です。

子どもは、個人差はありますが1歳半から2歳頃には二足歩行を始めます。

そうすると、腕で体を支えることが減るのに対し、

体はどんどん大きくなっていきます。

二足歩行を始めたばかりだとまだ安定せずに転ぶことも多く、

腕で体を支える力がなければ顔への怪我が増えてしまいます。

怪我の予防のためにも、腕の力をしっかり育てながら遊びましょう。

 

運動あそびの「クマのフープ渡り」をご紹介します。

床に複数のフープを置いてコースを作ります。

子ども達は、四つんばいから膝とお尻を上げて

両手両足で前を向いて歩くクマさんに変身して、

フープの中に手足を入れて歩いていきます。

慣れてきたら、フープに当たると罠にひっかかってつかまってしまうという設定や、

赤いフープだけは入ってはいけない、などのルールも追加したり、

直線コースだけでなくジグザグコースやフープ同士の間を広くするなど

アレンジしていくのがおすすめです。

 

フープを渡ることで、視覚情報を元に体を動かすことを覚え、

日常生活での人や物に当たらないように歩くといった力になります。

そして、先を見通すといった前頭前野の能力も向上させることができ、

様々なアレンジを加えることもできる遊びなので、

年少さんからできるとてもおすすめの遊びです。