跳び箱に苦手意識を持たないように、まずは跳び箱に慣れていくことが大切です。

跳び箱と言えば開脚跳びですが、複数の動きが合わさっている動きで、

腕の力や高所感覚、足を股関節から大きく開くことなど

必要な力もたくさんある難易度の高い動きです。

力や感覚が十分に備わっていないのに行なおうとすると、

うまくできないだけでなく、怪我やその後の苦手意識に

つながっていってしまうので、しっかり段階を踏んだ練習で

少しずつ覚えていくことがとても大切です。

 

運動あそびの「カエルの跳び乗り」をご紹介します。

跳び箱に開脚跳びにつながる遊びです。

まず、1段の低い跳び箱を用意し、その数メートル手前から

手足同時にジャンプするカエルジャンプで進みます。

跳び箱までカエルで跳んできたら、そのままジャンプして

手足一緒に跳び箱の上に跳び乗ります。

手は中に、足は外側につくようにします。

 

顔が下を向いていると危ないのでしっかり顎を開き、

もし前のめりになったり勢い余って落ちそうなときには

すぐに支えられるように、補助者は跳び箱の前に手を出しておきます。

まずはこの遊びで跳び箱に慣れていき、

段階に応じた遊び方で力をしっかり養いながら

開脚跳びの習得につなげていきましょう。