普段おとなしい子にも活躍の場を与えて自信をつけられるようにしていきましょう。

体が小さい、力が弱い、走るのが苦手といったような子でも、

運動あそびでは指導者のやり方次第で活躍の場を作ることができます。

運動を全ての子に好きになってもらうために、

このような子たちにも自信をつけさせてあげましょう。

 

運動あそびの「綱渡り握手」をご紹介します。

床に1本の縄を置き、その上を裸足で歩きながら、

途中で指導者と握手をして進んでいきます。

つま先で縄をしっかりと感じながら歩くことがポイントなので、

靴や靴下を履かずに裸足で行ないましょう。

途中で握手をする時にもバランスを崩さないように、

最後まで集中してできるように練習していきます。

 

この遊びはパワーや体の大きさなどは関係ないので、

普段おとなしい子が意外に上手にできたりします。

上手な子がいたら、ぜひみんなの前で見本を見せてもらい、

拍手をもらう経験をさせてあげてください。

 

運動の場面でつけた自信でも、他の勉強や習い事に生かされていきます。

その後のいろいろな活動に影響するので、

ぜひ1人1人が自分に自信を持っていけるように指導してみてください。