日常生活でもスムーズに体を動かせるように、空間認知力を育てることが必要です。

子ども達を見ていると、何となく動きがぎこちなかったり、

よく物にぶつかったりする子がいます。

体をスムーズに動かしたり、人や物を避けたりするには

空間認知という力が必要です。

経験しなければ身に付いていかないので、

運動あそびで遊びながらしっかり力を養っていくことが大切です。

 

運動プログラムの「足を渡る障害物クマ」をご紹介します。

大人が足を開いて伸ばした状態で床に座ります。

その足の上を、足に当たらないようにクマ歩きで渡っていきます。

手や足をどうやって動かしてどこにつけば当たらずに進めるかを

判断するのが空間認知の力なので、

速く進むのではなく、正確に行なうことを大事して行ないます。

1回渡ったらお終いではなく、何度も行ったり来たりして遊びましょう。

 

子どもの人数が多いと待ち時間が長くなってしまうので、

大人の人数が足りない場合は他の物で代用したりして

効率よく遊べるような工夫が大切になります。