鉄棒の前回りは逆上がりよりも恐怖心を抱きやすいので、丁寧に指導することが大切です。

鉄棒遊びの逆上がりと前回りでは、前回りを先に始めることが多いと思いますが、

実は逆上がりよりも前回りの方が恐怖心を感じやすい動きです。

逆上がりでは足が地面についた状態から始めますが、

前回りは足が宙に浮いた不安定で高いところから始め、

何もない空間に向かって頭を下ろしていくので、

高さ感覚や逆さ感覚が身に付いていないと、とても怖さを感じやすくなります。

先に逆上がりを行って感覚を身につけたり、

段階を追った練習で前回りを習得していきましょう。

 

運動あそびの「お布団降り」をご紹介します。

低めの鉄棒を用意し、鉄棒の位置が子どものおへその上あたりに

くるように巧技台などを使って調整します。

そして両手でつかまったら頭をゆっくり下げていき、

お腹と太ももでしっかり鉄棒を挟めたら両手を離し、

お布団を干したように体を2つ折りにしてみましょう。

 

怖がってしまう子は、さらに鉄棒の高さを調節して

足がついたまま頭を下げていき、おでこが膝にくっつく寸前で

足を浮かせてあげるようにすると良いです。

 

大切なことは、無理をさせず楽しいと感じることができる状態で

行なうことなので、いつも子どもの様子を観察しながら遊ぶようにしましょう。