速く走るためには足の指先の踏ん張り力をつける取り組みが重要です。

「速く走れるようになりたい」と思っている子ども達は多いと思います。

そして、親御さんも自分の子どもがかけっこで一番をとれたら嬉しいですよね。

速く走るためには、足の指先で地面をつかむようにして蹴る感覚を

身につけることがとても大切です。

指先で踏ん張ることができるような遊びを、

日々の中にたくさん取り入れて自然に力を育てていきましょう。

 

運動あそびプログラムの「坂道後ろ走り」をご紹介します。

坂道を後ろ向きで走る動きで、必然的に足の指先で踏ん張ることができます。

そして、体は後ろ向きでも顔は進行方向を見なければいけないので

首をひねって顔だけ前を向きます。

そうすると左右の感覚や平衡感覚がつかみにくくなり、

よりバランス力が育ってきます。

そして、バランスを保つために腹筋や背筋も刺激されるので、

まっすぐ走ることもできるようになり、

さらに速く走ることにつながってきます。

 

後ろ向きなので、安全に気をつけて楽しく力をつけていきましょう。