運動も勉強も繰り返し行なうことで、次のレベルの技術習得がスムーズになります。

子ども達が何かを習得していくときに、繰り返し行なうことは

とても大切で意味のあることになります。

繰り返し行なうことは脳の神経を太くし、ネットワークを広げ、

その次の段階の習得をスムーズにしてくれます。

勉強も運動も、繰り返し行うことで自動化し、確実に力にしていきましょう。

 

運動あそびの「走り前回し跳び」をご紹介します。

走りながら前回し跳びをする動きです。

縄の動きと跳ぶタイミングを合わせることがポイントなので、

あまり速く走るとうまくできません。

中にはふざけてめちゃくちゃに走ってしまう子もいますが、

それでは意味がないので、ゆっくり走るように伝えます。

ゆっくりでも縄にひっかからずに進めていれば、

上手にできている証拠になります。

 

一定のリズムで進み、リズム感も身につけて遊んでいきましょう。