足を閉じて座るためには、足の内側の筋力を付ける必要があります。運動あそびで身につけていきましょう。

大人も子どもも、椅子に座るときに足を開いていたら

だらしがなく見えてしまいます。

足を閉じてきれいな姿勢で座っているためには、

足の内側の筋力や腹筋背筋を養うことが大切です。

日々の運動あそびで力をつけて、心身ともに健康な体にしていきましょう。

 

腹筋や足の筋力を養う「両足サルキック」をご紹介します。

鉄棒にひじを曲げたままぶら下がりおサルさんに変身します。

そしたら目の前に目標物をかかげるので、両足をそろえてキックします。

できるだけ強く蹴れるように、体を前後に振って反動をつけられると

より良い形になります。

両足を閉じた状態でキックすることで、力の伝動が

腰→ひざ→足先へとスムーズに伝わり、強く蹴ることができます。

そして、足の内側の内転筋を刺激することができるので、

ぜひ足を閉じてキックすることを大事に行なってみてください。

 

ぶら下がる時間が長いので、途中で落ちてしまうことがあります。

補助者は子どもの片腕をつかむ補助をするようにしましょう。