子ども達の基礎筋力を育てる取り組みを増やしていくことが必要です。

体の基礎的な筋力の低下は、運動能力だけでなく

日常生活でのあらゆる場面で悪影響を及ぼします。

姿勢が悪くなることで集中力が続かず、勉強も質が下がる。

何もないところで転んだり、転んだ時にも手で体を支えられず

顔などに怪我をしてしまう。

など様々な問題が現れ、中でも姿勢の悪さは内臓の圧迫や

血流の妨げ、精神面にも大きな影響を及ぼすので改善が必要です。

良い姿勢を作り、顔への怪我を防ぐためにも

子ども達の基礎筋力をしっかり育てていきましょう。

 

運動あそびの「1本線クマ歩き」をご紹介します。

腕で体を支える支持力や、腹筋、背筋、首筋などの力を身につけます。

まず、床にビニールテープなどで1本の線を引き、

その線の上だけをクマ歩きで歩いていきます。

線から落ちないようにバランスをとることが

腹筋背筋などの体幹の力を育て、空間認知や先を読む力も育てます。

 

最初からあまり長すぎるコースだと集中力が続かず、

やる気もなくなってしまうので、短めの距離で行ないましょう。

線から落ちないように意識させるために、ストーリー設定での動機付けも大切です。