友達と一緒に遊ぶことで、社会性を身につけていきましょう。

今の子ども達は、友達と一緒に遊ぶことが減っています。

1人で遊んでいるほうがトラブルは起きないし、

好きなように遊べるから楽だとか、

周りに遊べるような友達がいなかったり、遊ぶ環境がない、

塾や習い事に忙しくて時間が無いなど、

様々な理由が考えられますが、子どもが成長していくためには

やはり”遊び”がとても大切で、重要な役割を果たします。

できるだけ人と関わって遊ぶことが増えるように、

大人も配慮してあげることが必要な時代だと思います。

 

運動あそびプログラムの「電車一列歩き」をご紹介します。

子ども達は一列に並び、電車になります。

そして、腕を車輪のように回しながら「がたんごとん」と歩いていきます。

 

やり方は単純な遊びですが、

自分勝手に動かず、前に人を見ながら列を崩さないように歩くこと、

前の人にぶつからない程度の距離を保つこと、

腕を車輪のように動かしながら歩くことなど、

意識することはたくさんあるので、

社会性、空間認知、イメージ力、集中力、抑制力など

育つ力はたくさんある遊びです。

特に前の人を見て動くことが社会性を育ててくれるので、

子ども達が飽きないようにアレンジを加えながら遊んでいくことが大切です。