遊び方を少しアレンジするだけで、子ども達の社会性やコミュニケーション力も育てることができる運動プログラムです。

私たちが提供している運動プログラムは、運動によって体を作るだけでなく

社会性やコミュニケーション能力、イメージ力や先を読む力、

考える力など様々な力を同時に育てることができます。

昔からあるような定番の遊びでも、少しアレンジを加えるだけなら

簡単に取り入れられると思います。

一工夫で子ども達の力を伸ばす遊びにしていきましょう。

 

運動あそびプログラムの「大縄の走りぬけ」をご紹介します。

回っている大縄の中を、縄に引っ掛からないように走り抜ける遊びです。

タイミングがはかりやすいように、最初は指導者が声掛けをして

タイミングをとってあげてください。

縄の位置を把握しながらタイミングをはかって動くことで、

空間認知や瞬発力も養われます。

 

慣れてきたら友達と2人で手をつないで行なってみます。

自分ひとりだけで何も言わずに友達を引っ張って行ったり、

友達を置いていったりしてしまわないように、

友達を意識して一緒に動けるように繰り返し行なってみましょう。

また、2人でタイミング合わせるためにどうしたら良いか相談することで、

コミュニケーション力も身につけていくことができます。

大人からの提案だけでなく、子ども達が自ら考えることができるような

時間や工夫がとても大切です。