運動あそびで、日常生活の質を高める力を身につけていきましょう。

運動あそびで身につけていく力は、体力や運動能力だけでなく、

社会性やコミュニケーション力、想像力や判断力、手先の器用さなど

昔の子ども達が遊びや日常生活の中で身につけていた力です。

見よう見まねで家のお手伝いをしたり、異年齢の友達と遊んだり、

おもちゃがなくても自分達で工夫して遊んだりすることが

子ども達の力を自然に伸ばしていましたが、

現代では便利な世の中になったことや、

子ども達が塾や習い事に忙しいことなどでお手伝いは減り、

友達同士で遊ぶことも外で工夫して遊ぶことも減っています。

大人が遊びの場や機会を提供していくことも必要になっています。

ぜひ、運動あそびを日常的に取り入れて、子ども達の心身の発達を

促していってほしいと思います。

 

運動あそびプログラムの「障害物片足クマ」をご紹介します。

片足クマは、四つんばいからひざとお尻を上げるクマの姿勢から

片方の足だけを上に上げた状態です。

この片足クマで、目の前に置かれている障害物を越えていきましょう。

障害物の例としては、くねくねの縄や高さのあるゴム紐、

積み木やぬいぐるみなど、当たっても痛くない物を用意します。

最初は難易度が低く少ない数の障害物から始め、

徐々に難しくしていくようにします。

空間認知や、先を読んで動く力などが育ち、

片足クマの動きで腕の力や腹筋背筋なども育てていくことができます。