「競争」して遊ぶことで、子ども達の本気を引き出すことができ、社会性やコミュニケーション能力も身に付きます。

子ども達は「競争」して遊ぶことから、勝った時の嬉しさや達成感、

負けた時の悔しさなどの気持ちを体験し、

その時にどんな振る舞いをしたら良いかなども学んでいきます。

そして、何よりも競争することで、子ども達が自分の持っている力を

最大限に出そうと本気でがんばることができるので、

とても良い遊び方だと思います。

運動遊びでも、年齢や段階に応じた内容で競争ができるようにしています。

 

運動遊びプログラムの「指先カップ運び」をご紹介します。

子ども達をいくつかのグループに分けて横一列に並ばせ、

体操座りのように座ってもらいます。

そして、手は後ろについて片足の指先でカップを持ち上げ、隣の子に渡していきます。

どこのチームが一番早く最後の子まで渡すことができるか競争します。

カップを渡す時は相手がどうしたら受け取りやすくなるか考え、

足の位置や離すタイミングなどを合わせられるように声掛けし、

コミュニケーション力を付けていけるようにしましょう。