子ども達での話し合いの時間も持ちながら、運動遊びを充実したものにしていきましょう。

今の子ども達は足の指先に力を入れて踏ん張るような動きをしなくなり、

靴や靴下をしっかり履いていることでさらに指先の刺激が少なくなっています。

足の指先を使わないことで土踏まずの形成も未発達な子が多く、

バランスが悪くてすぐに転んだりふらふらしてしまう子、

少し歩いただけですぐに疲れてしまう子も多くなりました。

足の指先の力を発達させることは子ども達のバランス良い身体作りにつながり、

かけっこなどで速く走れるようにもなります。

裸足での活動を増やすと共に、足の指先で踏ん張るような動きの遊びを

日々の中に取り入れてみてください。

 

運動プログラムの「のれんくぐりクマ」をご紹介します。

まず、布団干しのようなイメージで鉄棒にマットをかけます。

そしたら、四つんばいからひざとお尻をあげたクマの姿勢で、

マットを頭で押しながらくぐり抜けていきます。

マットは意外と重いので、手の指先、足の指先にしっかり力を入れて

地面をつかむようにして進むことが必要になります。

 

また、あごを開いて額の辺りでマットを押すとうまく進めません。

あごは閉じて頭頂部の方で押すことがポイントです。

ただ、これを最初から子ども達に教えてしまうのではなく、

まずはやらせてみてから、うまくできない様子があれば、

どうしてうまくできないのか、そしてどうすればうまくできるのかを

考えるという時間をとってみることもおすすめです。

 

子ども達で話し合うことで、コミュニケーション力や、

人の意見を聞いたり自分の意見も言ったりすることも覚え、

考える力も育てながら運動遊びをすることができます。

そして、自分達で見つけたコツはしっかり意識して取り組むことができるので、

いろいろな意味で、この話し合いの時間はとてもおすすめです。