2つのことを同時に行なう協応性を養い、日常生活でも生かせるようにしましょう。

何かをしながら他のことにも意識を向けるということは、

日常生活の中でもたくさん出てくることだと思います。

そして、それは子ども達が大きくなってからもとても必要になる力です。

運動遊びで力を身に付け、日常生活の中でも生かせるようにしましょう。

 

運動プログラムの「タンバリンを両手タッチ」をご紹介します。

この遊びでは、ジャンプをしながらタンバリンを叩くことで、

2つのことを同時に行い、協応性を高めていきます。

まず、1段の跳び箱とタンバリンを2つ用意します。

跳び箱から跳び降りる時にタンバリンを同時に叩けるように、

最初はタンバリン同士もくっつけて、

跳び箱からあまり離れていない位置にかざすようにします。

そして、着地の時にバランスを崩さないように

最後まで意識することもできるようにしていきましょう。

 

苦手な子は動きを分解して1つ1つできるようにしたり、

1つ前の段階に戻ってやってみることの繰り返しも大切です。