逆上がりの習得に向けて、逆上がりの動きを体感しながら練習していきましょう。

子どもの時に逆上がりができたことが、大きな自信や達成感につながった

という経験は皆さんにもあるのではないでしょうか。

子どもにとって、逆上がりができること、縄跳びや跳び箱ができることは

とても大きなステータスになり、自信につながります。

自分に自信を持つことは、運動だけでなくその後の生活の中でも

いろいろなことに挑戦し、向かっていく元になります。

 

逆上がりは気合だけではできません。

しっかりと必要な力をつけ、ポイントやコツを押さえながら練習し、

スムーズな習得を目指せるようにしていきましょう。

 

運動遊びプログラムの「さるのボール上げ→補助付き逆上がり」

をご紹介していきます。

まず、鉄棒に両手でぶらさがってさるに変身します。

さるのポイントは、腕を曲げて脇を締めること、足を持ち上げることです。

そしたら、足でボールを挟みどんどん上に持ち上げてみます。

脇は締めたままで行なえるように、腕にしっかり力を入れておきます。

できるところまでボールをあげることができたら、

そのままくるんっと逆上がりをしますが、

自分の力だけで回るのはできないことが多いかもしれません。

子どもが全力を出しても回れない場合は、

背中やお尻を支えて補助をして回してあげましょう。

 

逆上がりがまだ1回もできていない子でも、

動きを体験しておくと頭の中でイメージがしやすくなります。

繰り返し行なって、確実に力を育てていくことが大切です。